PROFILE

小山

Lakshmiyoga代表
コーディネーター/インストラクター

小山 奈美
Nami Koyama

「自分」という唯一無二の存在に出会う
少しのきっかけになりたい

私は札幌で生まれ育ち、社会人生活では出版社の営業を経て、ホテルの法人営業→フロント→コンシェルジュというお客様へのサービス提供を第一とする業界で経験を積み、接客のプロとしてのスキルを磨きました。そして、結婚と離婚を経て、ヨガインストラクターになりました。

結婚前を第一の人生とするならば、ヨガインストラクターになってからの私は第二の人生です。
第二の人生としてヨガインストラクターにはなったものの、私のレッスンではヨガのアサナ(ポーズ)はあまりしません。
(お仕事の詳しい内容は【WORKS】をご覧ください)
そのため、ヨガなのかピラティスなのか筋トレなのか・・・受講生の方々も人に説明する時に困るとおっしゃいます。笑
私自身、教室などで提供している内容に沿う名称を何年も見つけられず、苦し紛れに’ヨガエクササイズ’などという・・・ヨガを深めていらっしゃる方からすると邪道であろうネーミングをつけています。

’ヨガ’というものはもともとポーズをとることではなく、ダイエット法でも治療でも流行りのものでもありません。
という私自身、ヨガを習い始めた当初は「ヨガはいろんな難しいポーズをとること、身体を柔らかくすること」という印象でしたから。人それぞれの解釈があると思いますが、今私が思う’ヨガ’とは「自分を知り、自分の人生を歩くこと」いわば哲学です。

私は、ヨガがきっかけで自分自身の身体や生きることに向き合いはじめ、ピラティス・クラシックバレエ・筋力トレーニング・ダンス・心理学など学びへの興味は広がりました。これらをとおして、「性格はせっかちだけど早いテンポの動きは苦手なんだ・・・」「思ったより負けず嫌いなんだ」「やったことがないことをやることにわくわくする!」「意外と勇気あるぞ・・・」などと、「自分」のことがわかりやすくなったと感じています。
自分のことがわかりやすくなると、自分の目標も見えやすくなりました。
自分の目標が見えてくると日々の取り組みや心の持ち方、モノの見え方に変化が出てきました。
その感覚は以前よりずっと息がしやすい=生きやすい、と感じています。

私はたまたまヨガがきっかけで自分自身と生き方に強く興味を持ちましたが、人によっていつ何がきっかけになるかわかりません。

価値観も感覚も情報や他者から感じるものではなく、自分自身の目で見て経験して感じること、肌・神経・呼吸・心の感覚が解放的になれることが全てのはじまりだと思っています。

私にとってヨガがきっかけになったように、私のレッスンや講座を通して一人でも多くの方の「健やか」と「自分」という唯一無二の存在に出会う少しのきっかけになれれば、この上なく幸せであり、私の人生の目的です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

保有資格

  • 米国NLP協会認定プラクティショナー
  • 手のひらセルフケア協会認定
    指ヨガインストラクター
  • 日本コアコンディショニング協会
    ベーシックインストラクター
  • 日本ダイエット健康協会認定
    プロフェッショナルアドバイザー
  • 水野ヨガ学院指導者養成コース修了

所属チーム

PARTNER

  • 蕾yoga主宰/ヨガインストラクター
    後藤 裕子
    東京近郊の
    出張ヨガレッスン担当


  • トークプランナー/MC
    草野 めぐみ
    イベント・ウェディング等の司会や話し方講師として活動中。
    言葉と声で、心に残るシーンのお手伝いをします。
  • 健康飲料メーカー
    株式会社アリスト
    株式会社アリストの
    健康飲料の販売代行